保健師求人・転職サイト
保健師求人・転職サイト > 保健師の仕事 > 企業内医務室での保健師の仕事
産業保健師として就職

企業内医務室での保健師の仕事

企業内医務室で働く保健師の仕事

保健師の仕事は以下に分類されます。

・行政保健師
・学校保健師
・産業保健師

上記の内、企業内医務室は産業保健師になりますね。
産業保健師として就職
主な仕事内容は、その企業で働く従業員の健康維持と管理ですが、最近はメンタルヘルスに関する業務も多いようです。

勤務する会社の方針にもよりますが、人間関係の悩み、仕事の悩みからうつ状態になる従業員もいますから、早めの対策としてメンタルヘルスに関わることもありますよ。

健康維持もそうですが、従業員ひとりひとり状況が異なりますので、1対1のコミュニケーションスキル(カウンセリング力)が大切になるでしょう。

他にも、適切な判断力と幅広い知識が求められますね。

企業内医務室は基本的に医師が滞在しないため、従業員の体調不良や怪我に対する判断が重要です。

その辺りは看護師の仕事よりも緊張感が高いかもしれません。

そうは言っても救急病棟のような緊迫感はないですし、デスクワークも多いので、ゆとりを持って働けるのではないでしょうか。

以前、企業内医務室の映像を見たことがありますが、体調が悪いと訴える社員に対応したり、薬剤師が薬を処方していました。

あくまでも企業を構成する一員という印象を受けましたね。

行政保健師、学校保健師も組織の一員ではありますが、民間企業の雰囲気はまた異なりますから、保健師として幅を広げたい方に合った職場かなと思われます。

企業内医務室の保健師求人、どう探す?

企業内医務室の保健師求人はそこまで多くありません。

医務室、保健室を備える企業の大半が大企業なんですよね。

従業員が少ない中小企業はそこまで余裕が無いですし、正社員、契約社員、派遣、アルバイト、パートが多い企業が募集する傾向にありますから、継続的な仕事探しが大切になります。

その際は欠員募集が中心になるでしょうか。

保健師の人数を増やす、というよりも、企業内医務室の保健師が退職するタイミングで募集が掛けられると思います。

そのような求人を逃さないためには、保健師求人に強い人材紹介会社、転職支援サービスの利用が大切になりますね。

新着求人、非公開求人まで含めて紹介を受ける、というスタンスで考えてみてください。

人材紹介会社は無料で利用できますし、気軽な会員登録がおすすめです。

【関連記事】
保健師の仕事が働きやすい理由
産業保健師として転職したい、働きたい
土日祝休み 保健師は働きやすい?