保健師求人・転職サイト
保健師求人・転職サイト > 保健師の仕事 > 保健師の仕事が働きやすい理由
保健師の仕事

保健師の仕事が働きやすい理由

保健師の仕事が働きやすい理由とは

このページでは、保健師の仕事が働きやすい理由について考えてみます。
保健師の仕事
たとえばナースの仕事を経験した後、保健師へ転職する方もいますよね。

また、学校在籍中に看護師と保健師の資格を取りながら、看護師ではなく保健師として働く方もいます。

その場合は行政保健師(公務員)が多いでしょうか。

産業保健師として大企業で働くという選択肢もありますね。

いずれにしても、保健師の仕事は働きやすいと言われています。その理由に以下がありますね。

・土日祝日に休みを取りやすい
・有給休暇が使いやすい
・残業が少ない(定時に帰宅しやすい)
・結婚、出産後も働きやすい
・看護師のような夜勤がない

まず土日祝日に休みを取りやすい、という特徴があります。

特に行政保健師の職場である保健所、保健センターは土日祝が休みに当たるようです。

例外はあるかもしれませんが、公務員の立場で働けますから、土曜日、日曜日、祝日にしっかり休みを取りやすいですよ。

産業保健師として企業で働く場合も、土日祝が休みの会社なら、それに合わせて休日になるでしょう。社内の人間のメンタルケアや健康予防が主な仕事ですからね。

次に有給休暇が使いやすく、残業が少ない、というメリットも保健師にはあります。

勤務先にもよりますが、やはり行政保健師は有給休暇が使えますし、市町村の保健センターは残業も少ないですね。

都道府県の保健所は時期によって残業が入るようですが、それでも残業すれば残業手当(割増賃金)が支給されます。

民間企業に会社員として働く場合、『残業は全てサービス残業』というケースもまだまだ多いです。

中小企業の全てが残業代を支給しているわけではありませんので、保健師は立場的に恵まれていますね。

次に「結婚、出産後も働きやすい、復帰しやすい」というメリットがあります。

主に行政保健師になりますが、公務員は育児休暇、産前産後休暇を使いやすいんですよね。

看護師もケースバイケースで使えますが、復帰後に居づらくなったり、周囲の目が厳しくなるかもしれません。

その結果、自主都合退職に追い込まれることもありますが、行政保健師はそのようなケースが少ないでしょう。

学校や大企業で働く場合も、育児休暇を取得しやすい状況ではないでしょうか。

最後に、保健師の仕事は夜勤がない、という特徴もありますね。

看護師から保健師へ転職を考える理由として「夜勤がつらい…」があります。

夜勤専従で働いたり、日勤と夜勤を繰り返すシフトに疲れたり、将来を考えて不安になることもありますよね。

しかし保健師なら、夜勤なしで働けますから、体力的な負担から解放されやすいですよ。

以上、保健師の仕事が働きやすい理由についてお伝えしました。

【関連記事】
高給与・高年収 保健師求人
MCナースネット 保健師バイト求人