保健師求人・転職サイト
保健師求人・転職サイト > 保健師の仕事 > 保健所での保健師の仕事
保健師としての仕事

保健所での保健師の仕事

保健所で働く保健師の仕事

行政保健師の仕事は保健センターと保健所に分かれます。

保健センターが地域住民と密接に関わる仕事に対して、保健所は住民と接する機会が少ないようです。

難病、精神疾患対策で関わる機会はありますが、今後はそのような仕事も保健センターに移譲される、と言われていますね。

それでも保健センターと同様の業務がありますし、異なる業務も見られます。

たとえば同様の業務として、

・母子保健
・精神保健福祉
・感染予防
・健康推進

がありますね。

保健センターのように地域住民とのコミュニケーションは少なくても、「仕事内容を分類すれば共通項目もある」ということです。

それに対して、保健センターと異なる業務には、

・地域ケアシステムの構築
・自治体の健康問題に関する施策

があります。

保健センターよりも専門的、医療的な仕事と言えるでしょう。

そもそも保健所の所長には(原則として)医師が義務づけられていますしね。

その辺りも保健センターとは異なる部分です。保健センターの所長には保健師でもなれますので。

他にも、保健所には薬剤師や理学療法士、獣医師、臨床検査技師が働いていることがありますから、業務内容は広いですよ。

先ほどお伝えした感染予防に加え、難病対策、医療監視まで仕事に含まれたり、動物保護や狂犬病予防接種も保健所が行っています。

人口統計から変動を調査し、高齢者問題、少子化問題の対策に取り組むのも保健所の役割ですね。

そのような「人口動態統計の仕事に興味がある」という保健師さんも多いのではないでしょうか?

同じ行政保健師でも、保健センターは地域住民に寄り添い、保健所は行政機関、専門機関の特色が強いと言えますので、

『どちらが自分に向いているのか?』

を踏まえて選択を行ってみて下さい。

【関連記事】
産業保健師として転職したい、働きたい
保健師単発バイト
残業が少ない保健師の仕事