保健師求人・転職サイト
保健師求人・転職サイト > 保健師の仕事 > 市町村の保健センターでの保健師の仕事
保健師として働く

市町村の保健センターでの保健師の仕事

市町村の保健センターで働く保健師の仕事

市町村保健センターの保健師の仕事内容に関するページです。

保健所や保健センターの行政保健師を目指している方も多いと思います。
保健師として働く
保健所は都道府県、保健センターは市町村に設置されていますが、地域が狭まる分、住民と密接に関わる仕事が多いですね。

・健康相談
・保健指導
・予防接種
・休日診療所
・母子健康診査

主に上記のような業務に携わるでしょう。

保健所でも母子相談を行っているため、仕事内容が完全に分かれているわけではありませんが、より地域住民との距離が近いと言えますね。

そのため、コミュニケーションが得意、幅広い年齢層(乳幼児からお年寄りまで)と接するのが好き、そのような方は市町村の保健センターが向いていますよ。

それと共に地域貢献の精神ですね。

保健センターの仕事には【地域住民の暮らしと健康】が背景にありますので、「その地域に貢献したい」という思いが強い方が、やり甲斐・モチベーションに結び付きやすいでしょう。

ただし市町村によって業務内容は変わります。

共通する仕事は多くても、市町村の住民ニーズは様々ですから、たとえば妊婦相談や新生児訪問などの母子保健業務が多かったり、成人向けの健康診査、健康教室、訪問指導が多いエリアもありますね。

他の市町村と比べて高齢者が多い地域なら、予防接種の割合が高いかもしれませんし、感染症予防、救急医療のための医療機関の紹介、献血、保健衛生統計の資料作成など様々です。

実際に働かなければ分からない部分ですが、大切なのは就業前のイメージですよ。

保健センターの仕事について情報収集することで、就職(転職)前にある程度イメージできますし、そのイメージが就業後に役立つはずです。

より詳しい情報に関しては、保健師求人が豊富な転職サイトを利用して下さいね。

サポートを受けられるタイプの紹介会社なら、保健センターの業務内容に関して、さらに詳しく教えてもらえますので。

【関連記事】
保健師の仕事が働きやすい理由
産業保健師として転職したい、働きたい
MCナースネット 保健師バイト求人