保健師求人・転職サイト
保健師求人・転職サイト > 保健師の仕事 > 残業が少ない保健師の仕事
両立しやすい保健師の職場

残業が少ない保健師の仕事

残業無しで働きやすい、保健師の仕事

勤務先にもよりますが、保健師の仕事は残業が少ないですね。
両立しやすい保健師の職場
保健師を目指す元看護師、現役看護師も多いと思いますが、ナースの仕事は残業が基本ではないでしょうか。

夜勤と日勤を繰り返すシフトと共に残業が多い病院がありますし、『仕事と残業はセット』と感じているかもしれません。

しかし保健師は職場によって残業なし、残業少なめで働きやすいですよ。

たとえば市区町村の保健センターは残業が少ないと言われていますね。

市町村庁の時間帯に合わせて午後5時30分で終了しますし、その後の事務作業に追われなければ、定時で帰りやすいです。

基本的に保健センターを訪れる地域住民への対応なので、保健センター閉館後の仕事は少ないでしょう。

勤務する保健センターや季節によっても変わると思いますが、『残業が少なめで働きやすい』のが保健センターの行政保健師と言えますね。

それに対して、都道府県の保健所は残業が入りやすいかもしれません。

保健所は地域住民への対応よりもデスクワーク中心、本庁や国からの仕事依頼も含まれるため、「残業をしないと追い付かない」という状況があるようです。

勤務して初めて分かることも多いですが、保健センターは残業少なめ、保健所は残業あり、の可能性は抑えておいて下さい。

保健師の残業ってどう?

行政保健師として働く保健師が多いですが、他にも病院保健師、産業保健師、学校保健師という働き方がありますね。

その中で、残業が少ないのは産業保健師、学校保健師でしょうか。

学校保健師は大学や私立の小学校、中学校、高校で働きますので、残業が少ないですね。

終業時間が決まっているため、定時で帰れる可能性が高いと思います。福利厚生もしっかりしていますしね。

次に産業保健師に関しても、勤務先によっては残業が少ないです。

産業保健師は社員数の多い大企業が職場なので、行政保健師や学校保健師よりも残業が入る可能性はあります。

しかし求人募集時に【残業なし】【残業少なめ】と記載されていれば、残業ほぼ無しで働けるでしょう。

最後に病院保健師ですが、最も残業が入りやすいようです。

看護師のような残業は少なくても、「公務員の保健師よりも残業が多い」という情報がありますので、人材紹介会社で確認して下さい。もちろん残業が少ない病院もありますよ。

以上、保健師の残業についてお伝えしました。

【関連記事】
MCナースネット 保健師バイト求人
保健師単発バイト