保健師求人・転職サイト
保健師求人・転職サイト > 保健師の種類 > 産業保健師として転職したい、働きたい
人材紹介会社コンサルタント

産業保健師として転職したい、働きたい

産業保健師求人を見つけたい

産業保健師として転職したい、働きたいあなたへ。

産業保健師の就職先は大手企業や健康保険組合ですね。

主に「企業で働きたい」という方が多いのではないでしょうか。

あなたはどうですか?
人材紹介会社コンサルタント
しかし産業保健師の求人募集は決して多くありません。

保健師自体、看護師や薬剤師と比べて求人が少ない状況ですが、中でも産業保健師の募集は少数なんですよね。

行政保健師が全体の60~70%を占めると言われますが、産業保健師は約8%、というデータがあります。

保健師100人中8人と考えれば…まずは産業保健師の求人を見つけることが大前提ではないでしょうか。

産業保健師は他の保健師より年収・給与が高いケースが多いので、好条件の求人に絞って探す必要はないでしょう。

それよりも幅広く情報収集を行い、実際に求人が見つかれば、

・素早く履歴書・職務経歴書を応募する
・積極的に転職活動を行う

上記を心がけて下さい。

自分ひとりでハローワークの新着求人をチェックしたり、毎週転職雑誌を買うのは大変なので、保健師求人をカバーしている人材紹介会社の利用がおすすめです。

その方が効率的に産業保健師の仕事を探せますし、紹介会社のコンサルタントに希望を伝えれば、その時点で募集がなくても、新着求人の紹介を受けられるチャンスが生まれますよ。

人材紹介会社も色々ですが、看護師紹介会社が保健師求人に対応しているケースが多いので、まずは気軽に会員登録すると良いでしょう。無料で利用できますしね。

産業保健師は大企業が勤務先です

産業保健師は社員数の多い大企業勤務が基本です。

社員数1000名以上の会社の約90%に産業保健師が在籍している、というデータも見られます。

しかし5人、10人と在籍しているわけではありませんから、退職時の欠員補充が基本ではないでしょうか。

それも求人が出にくい理由の1つですね。

人気が高いにもかかわらず欠員募集が基本、新規採用が少ないのが産業保健師ですから、やはり複数の人材紹介会社に登録して、中長期的に転職活動を行うのがベストでしょう。

その分、実際に転職できた暁には、福利厚生に恵まれたり、高年収(夏冬のボーナス含む)を得られる可能性が高いですよ。

大企業は零細企業よりも残業手当、有給休暇が整っていますし、土日休みで働きやすいという魅力がありますね。

ぜひ人材紹介会社を利用して、産業保健師の仕事を探してみて下さい。

産業保健師の転職支援にも実績のある人材紹介会社を活用する方法

保健師としてこれから産業保健師への転職を目指したい、産業保健師の求人情報を知りたい、という方も多いと思います。

産業保健師の転職をサポートしてくれる看護師紹介会社も多数あります。

ただし、常勤転職を目指すにはやはり経験が重視される事が多いのが現状です。

「あと例えば、看護師だけではなく保健師という職種の話ですが、私どもの強い産業保健師の分野とかですと、経験者じゃないと採用は難しい、というクライアント様が多いんですね。特に常勤での採用の場合は多いです。求職者様によっては、保健師の資格を持っていたけれども、看護師として仕事をしてたと。そして次はキャリアアップのために保健師で仕事をしたいという方、結構たくさんいらっしゃるんです。」

引用:看護師のバイト・派遣・求人【メディカル・コンシェルジュ】インタビュー記事(2)

その中の一つとして、上記のような産業保健師の転職支援にも実績のある人材紹介会社を活用する方法もあります。


同ジャンル・関連ページ

保健センターで働く保健師

行政保健師とは