保健師求人・転職サイト
保健師求人・転職サイト > 保健師求人 > 保健師求人が少ない理由
産業保健師として就職

保健師求人が少ない理由

保健師求人が見つけにくいのは何故?

保健師として働きたい」と思って仕事を探しても、看護師のように募集は多くありません。

あなたが希望する職場にもよりますが、たとえば大手企業の産業保健師を目指すなら、東京や大阪以外で探すのは難しいかもしれません。
病院保健師として就職
受け入れ先となる企業の規模によって産業保健師を採用するかどうか、といった判断も変わってきます。

ただ、2015年12月から、従業員数50人以上の事業所にストレスチェックの実施が義務づけられましたし、職場におけるメンタルヘルスケア対策の重要性も高まっています。
そうした背景を元に、保健師の求人ニーズは高まる予想もあります。

もちろん求人数ゼロではありませんが、大企業の多くが東京(関東地方)や大阪(関西地方)に集まっていますから、長期的に探し続ける必要があるでしょう。
地方では保健師求人が少ないのは仕方の無い事とも言えそうです。

産業保健師以外で人気が高いのは行政保健師ですね。

保健師の約60~70%が行政保健師というデータも見られますし、行政保健師なら、企業より仕事を探しやすいかもしれません。

ただし行政保健師は立場が公務員ですから、まず公務員試験を受ける必要があります。

合格後に都道府県庁が管轄する保健所や、市区町村の役所や保健センターで働くことになりますね。

行政保健師に限らず、公務員は非常に人気が高いですし、大量に職員を採用することはないでしょう。そのための公務員試験ですからね。

他に病院やクリニックなどで働く病院保健師、専門学校や私立小学校、中学校、高校に勤務する学校保健師の仕事もありますが、いずれも求人数は少ないですね。

尚、病院保健師として働く場合、看護師と兼任することも多いようです。

以上をまとめると「保健師の仕事は人気が高いにもかかわらず、そもそもの募集定員が少ない」と言えますね。

それが保健師求人が少ない理由でしょう。

産業保健師・病院保健師の求人探し

保健所や市区町村の保健センター、地域包括支援センターの求人は各機関のサイトに掲載されるケースが多いですが、

・産業保健師
・病院保健師

上記に関しては、看護師紹介会社で見つかる可能性が高いですよ。

主に病院やクリニック、介護施設の看護師求人を取り扱う紹介会社が、同時に保健師求人を保有しているケースが多いんですよね。

実際に看護師紹介会社で求人検索しましたが、産業保育士の一部が公開求人、それ以外の大半が非公開求人でした。

非公開求人の紹介を受けるには、まず紹介会社への会員登録を済ませて下さい。

紹介会社は無料で登録できますし、登録後に非公開求人含めて、新着求人、独自求人の紹介も受けられますよ。

保健師求人は現状、確かに多くありませんので、紹介会社を中心に幅広く仕事を探して下さいね。

【関連記事】
高給与・高年収 保健師求人
MCナースネット 保健師バイト求人
保健師単発バイト


同ジャンル・関連ページ

産業保健師として転職

高給与・高年収 保健師求人